アパレルの販売予測に物流会社が効果てきめん

物流会社と手を組み、アパレルに欠かせない販売予測をする

普通に考えて

アパレル業界において仕事をしていると、どうしても商品の売れ行きというのが気になってくることがあります。この商品は売れているのにあの商品は売れない、それって気候的なものだったり景気的なものだったりいろいろな側面から見ていくと、どうしてもまわりの理由に左右される世界なんだなって再確認してしまいます。普通に考えて、調子が悪い年はなんでも買い控えが起きますよね。それって、アパレル業界においても一緒だと思うんです。

で、アパレルって服を扱うわけですから相当在庫管理が大変なんです。かさばるかさばらないとかそういう問題じゃなくて、売れなかったら終わり、腐ることはないけどその年の流行を逃したらもう腐ったのと同じようなものだから、なんとかして当たるように販売予測をしようとするんです。在庫を抱えるのは物流会社とうまく協力してもらって、スペース的な部分は解決するとしても、その物流会社が買取してくれるわけではないんですからやっぱり売れてくれないことにはただのお荷物在庫になっちゃうんですよね。

物流会社にアウトソーシングすることによって、様々なメリットをアパレル会社は受けることができます。また、そこから手に入れたデータである程度の販売予測を行うことができるようになります。最終的には販売者の勘が活かされてくるのがアパレルの販売予測ではありますが、その販売予測を行うための貴重な資料を物流会社から手に入れることができるのは大きな意味があるでしょう。
アパレル会社ができない、手の回らないことはアウトソーシングしていくのがもっとも良いです。物流会社と手を組んで得られるメリットは最大限享受してしまいましょう!

外部リンク

アパレルの物流から保管まで様々な事行ってくれる所なら|有限会社 スズシゲ